植村康平建築設計事務所

BLOG

現場レポート 花田町の住宅 上棟

今日は設計をさせて頂いた豊橋の花田町の住宅が2度の雨天順延を経て、満を持しての上棟でした。
この敷地は南側に大きな建物が建っているため南側からの採光が多くは望め無いのですが、北側の建物は高さが低いため北向きのハイサイド窓を設けて室内に安定した柔らかい光を存分に取り込む構成です。
まだ躯体だけの状態ですが想像していた空間が少しだけ浮かび上がっていました。工務店さん、職人さん、一日ありがとうございました。

母校での講義

気がつけば8月も最終週。8月は色々と予定が重なり、バタバタと毎日を過ごしておりました。とブログが滞っていた言い訳です。
昨日は母校である愛知淑徳大学で一コマ授業を担当させて頂きました。授業といってもOBとして、建築家として、これまでの経験や道のりをお話しするといった内容でした。この授業もありがたい事に3年目ですが、毎年新しい出来事を更新したり竣工物件を紹介したりと1年間を振り返る良い機会にもなっています。また淑徳に来ると初心に帰ることができ、私自身も刺激をもらえました。

現場レポート 花田町の住宅

豊橋の花田町の住宅は基礎を施工中。異常な暑さの中工事をして頂いている職人さんには感謝しかありません。最近名古屋、豊橋、岐阜、大阪と移動していますがもうどこに行っても暑いです。

現場レポート 伝馬町の住宅

豊橋の伝馬町の住宅。外壁の下地が貼られ、室内に柔らかな光と陰が浮かび上がりました。

祝・実施コンペ初勝利

祝・実施コンペ初勝利
チームを組んで挑んだ大阪府住宅供給公社主催のコンペで見事、最優秀賞を頂きました。実施コンペ初勝利、そして初関西物件です。
代表企業のアケボノアートワークスさん、宮本さん、寺嶋さん、C・E・マネージメントさんと協力して良い建築を作り上げていきたいと思います。
https://www.osaka-kousha.or.jp/x-whatsnew/pdf/PressRelease_2018-07-24.pdf